九州地方の百名山登山ガイド【TOP】

九州地方登山【百名山扉絵】

町を包む巨大なカルデラ、湿原の高原、伝説の鉾が突き立つ山、半熱帯雨林の太古の森…ふと思い出すだけですぐ行ける場所。

噴火はもちろん大警戒だけど、他の地域の人がどれだけ望んでも見ることが叶わない景色が広がる地。

四国地方の名峰におでかけしてみよう。

九州地方の百名山の特徴

草原とダンボー

火山で形成された九州島。本州や北海道の山々との大きな違いは「熊」が絶滅していていないと言われている安心感。

火山で生まれた森や無人の岩場地帯の大自然の中をたとえ一人で歩いても巨大な獣との遭遇に怯える登山をしなくてよいという安心感は日本のトレッキングでは九州や北海道の離島などでしか味わえない。

登山靴
登山リュック
トレッキングポール
レインウェア

九州地方の百名山・森林地帯へトレッキング!

連山を成す九重山
95-九重山【大分】
祖母山山頂
96-祖母山【大分・宮崎】
阿蘇山(高岳)
97-阿蘇山【熊本】
連山を成す霧島山
98-霧島山【宮崎・鹿児島】
開聞岳
99-開聞岳【鹿児島】
屋久島のウィルソン株(宮之浦岳)
100-宮之浦岳【鹿児島】
 
 

△ ページトップへ戻る

ほかの地方の百名山