北海道の百名山登山ガイド【TOP】

北海道登山【百名山扉絵】

日本で一番自然豊かな場所・北海道の中の「名山」へ。

登る・登らないの判断はともかく、本州以南から旅行を楽しむ人々と共に人が入る山々の地域を歩いてみると良いかも。

ヒグマとエキノコックスに気を付けながら北海道の名峰におでかけしてみよう。

北海道の百名山の特徴

阿寒湖からの雄阿寒岳

冬季は雪に閉ざされる北海道。冬場はスキー場が賑わう山もあるのですが、道路以外は雪原となる土地のため本命は夏の北海道巡り。昭和の一個人が名山とした山は最北端の利尻山を含めて9座。

北海道自体が8月下旬に入ると秋の空気に変わり、9月中旬には最低気温が一桁になる亜寒帯湿潤気候のため、真夏以外の登山を軽く考えると深刻な遭難事故になりやすいので要注意。大雪山の旭岳などでは9月20日頃には初冠雪となります。

北海道の2000m級の山は北海道では中部地方の3000m級と考えて防寒・携帯食・水分を準備。登山靴は3000m級の高山用でなくても大丈夫。登山距離・時間に合わせた登山靴で登っていきましょう。

北海道の百名山・森林地帯へトレッキング!

オロロンラインからの利尻山
1-利尻山【利尻島】
知床連山と羅臼岳
2-羅臼岳【羅臼・斜里】
トウキビ畑からの斜里岳
3-斜里岳【斜里・清里】
釧路湿原からの阿寒岳
4-阿寒岳【釧路・足寄】
旭岳ロープウェイからの大雪山(旭岳)
5-大雪山【東川】
忠別岳から望むトムラウシ山
6-トムラウシ山【美瑛・新得】
望岳台からの十勝岳
7-十勝岳【上富良野町ほか】
戸蔦別岳から見た幌尻岳
8-幌尻岳【平取・新冠】
羊蹄山
9-羊蹄山【ニセコ・倶知安ほか】

△ ページトップへ戻る

ヒグマに出会わないように努力しよう

ヒグマの剥製

北海道で一番恐ろしいのは「ヒグマ」です。街・町に住んでいるだけでは生息地域が違うため滅多に目撃することはありませんが、登山やトレッキングは彼らが棲む森や山を歩くことになります。

棲んでいる場所が限定的であるうえ、絶対数自体が多くないので交通事故より遭遇する確率は低いと言えますが、興奮状態のヒグマに近距離で襲われれば、ほぼアウトです。

知床(羅臼岳)などの密生地帯、阿寒岳、トムラウシ山・十勝岳などの大雪山、人里離れた幌尻岳などは『情報を集めて自分に必要な準備を』自分で判断することを心掛けましょう。

熊よけスプレーは林業や山菜採りをする人の携行推奨アイテム。

登山靴
登山リュック
トレッキングポール
レインウェア
熊よけ鈴
熊よけスプレー

ほかの地方の百名山