浅間山の登山準備【登山口・持ち物・登山用品】

黒斑山方面から望む浅間山

群馬と長野にある百名山の浅間山。
登山はもちろん、山頂まで登らなくても麓まで行き、青い空を背景にそびえる山を見たり周辺の滝や渓流を眺めるおでかけにもおすすめ。

浅間山の標高・場所・登山知識

浅間山はこんな山

浅間山は群馬県(嬬恋村)と長野県(軽井沢町)にまたがる活発な活火山の百名山。

山頂は火山の噴出物が堆積したすり鉢状の御鉢で、最高峰の釜山は火山活動の登山規制により行けません。火口淵の前掛山は噴火警戒レベル2(火口周辺規制)で賽の河原分岐から前掛山まで立ち入り禁止になります。

黒斑山、牙山、剣ヶ峰は浅間山の西側にあるカルデラの外輪山。

なお、鬼押ハイウェイは自転車・125ccミニバイク以下不可の有料道路(※自転車・125cc以下不可の有料道路一覧)です。

浅間山

浅間山:Mt.AsamaAsamayama Mountain
標高:2568m(釜山)
山体所在地:群馬県吾妻郡嬬恋村、長野県北佐久郡軽井沢町・御代田町
登山口:車坂峠・高峰高原ビジターセンター、天狗温泉・浅間山荘、峰ノ茶屋(小浅間山)など

浅間山の主な登山口(登山道)と登山時間

トレッキングポール
トレッキングパンツ
登山ジャケット
登山リュック

車坂峠登山口

長野県小諸市高峰高原
高峰高原ビジターセンター
片道約4時間前後

浅間山荘登山口

長野県小諸市甲甲又4766−2
天狗温泉浅間山荘
片道約4時間前後

浅間山へのアクセスとおすすめの登山口

黒斑山方面から望む浅間山

火口から概ね2kmの範囲では弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
登山者等は地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。
また風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るため注意してください。

気象庁-浅間山の活動状況

関係リンクガイド
小諸市火山館
天狗温泉 浅間山荘
周囲の道の駅
道の駅 雷電くるみの里

浅間山の登山難易度・日帰り登山について

八幡平アスピーテラインを走る自転車

浅間山は近代から小規模な噴火を繰り返している山です。十勝岳・阿蘇山・桜島などと同じレベルの活火山のため極力他の山を目指しましょう。

東側の小浅間山も登山の第二スポットとしておすすめ。

浅間山の火山・噴火活動状況

編集時の確認情報(参考)です。各自気象庁の発表をご確認ください。

浅間山:活火山ランクA
常時観測火山:対象火山

※危険度は【A(桜島)>B(富士山)>C(八甲田山)>無印火山】

現在の噴火警戒レベル-気象庁
気象庁の火山観測・監視体制-気象庁
火山噴火予知連絡会による火山ランク-wiki
常時観測対象の火山-wiki

スマートウォッチ

スマホと連動し、万歩計、心拍、歩数計測、走行距離、消費カロリー等を計れるスマートウォッチ。

スマートウォッチ
ガーミン フェニックス
カシオ プロトレックスマート
GanRiver スマートブレスレット

関東地方の百名山

登山で下山をする女性登山者

【関東北部】栃木・群馬・(茨城)

【関東西部】埼玉・東京・神奈川・(千葉)


ほかの地方の百名山