山登りはじめました(登山)

山岳遭難発生件数と死者・行方不明者数【登山・旅行・事故】

山岳遭難発生件数と死者・行方不明者数【登山・旅行・事故】

日本国内で発生した登山での遭難件数

尾瀬ヶ原を歩くボッカ(歩荷)さん

2017年の山岳遭難件数は2583件。

遭難者数:3111人。

死者・行方不明者数:354人。

40歳以上が遭難者全体の77パーセント

遭難者の年齢は60歳以上が51.0%。

40歳以上でカウントすると遭難者の77.8%が40歳以上。

死者・行方不明者の年齢は60歳以上が全体の64.7%。

40歳以上でカウントすると遭難死亡者の89.0%が40歳以上。

長野県・北海道・山梨県・東京都の順

山岳遭難の発生場所は長野県・北海道・山梨県・東京都の順。

山岳遭難者の12%は山菜タケノコ採り

山岳遭難者の71.5%がトレッキング・沢登り・岩登り・スキー登山者。

12.2%が山菜・タケノコ採りの入山者。

登山で遭難する原因は「迷子」

道に迷った結果の遭難は全体の40.2%。

滑落による遭難が16%、転倒による遭難が15.1%。

警察庁による遭難事故防止抜粋

視界不良・体調不良時等には、道迷い、滑落等のおそれがあることから、「道に迷った。」と思ったら、闇雲に進むことなく、今来た道を辿り、正規の登山道まで引き返すなど、状況を的確に判断すると共に、早めに登山を中止するよう努める。

参照:警察庁HP「山岳遭難・水難」より

おでかけノートたち