5章3項 リュック&ワンショルダー型カメラバッグ

背負うタイプのカメラリュックの長所&短所

スリングバッグ カメラバッグ ショルダーバッグ 一眼レフ アマゾン

 おおまか解説 

おでかけくん 48密着して背負うことにより重心が体幹寄りになり荷物は軽くなるリュックタイプ。解説リュックはAmazonベーシック スリングバッグ7.7L。

九十九湾 能登半島 石川

 解説前の一枚 

おでかけむすめ 48石川県の九十九湾は海上を歩ける遊歩道がありました。海を覗けば海藻がゆらゆら。横振れするショルダーよりリュックタイプにしよう。

広告


 

トレッキング・長時間撮影に身軽なリュック型

スリングバッグ カメラバッグ ショルダーバッグ 一眼レフ アマゾン

 気合と軽快な一日 

解説リュックは「ワンショルダー」タイプ。完全なリュック型と使い勝手は違うものの「背負う」=「楽」。登山も秘境も湿原もサイクリングも最適形状。

屛風ヶ浦 千葉

 カメラ散歩の持ち物例 

カメラ散策の持ち物をリストアップ。・カメラ・レンズ・フード・フィルター・レンズペン・バッテリー・SDカードケース・スマホ・モバイルバッテリー・三脚…etc

~参考写真こぼれ話~
トレッキング

おでかけくん 48

肩掛けのショルダーバッグタイプのカメラバッグは身体から離れて振り回されやすい上に一本ストラップのため肩に荷重がかかり食い込んでしまうタイプ。自然散策にはリュックタイプが絶対良いです。

 
収納候補 カメラ+バッグ
収納候補 カメラ+リュック
 

リュック型カメラバッグのメリット

スリングバッグ カメラバッグ ショルダーバッグ 一眼レフ アマゾン

 おすすめはワンショルダー 

リュックタイプのカメラバッグのうち、ショルダーストラップが一本の「ワンショルダー」のリュックがおすすめ。リュックの場合、背中に背負った荷物を『よっこらしょ』とおろす必要がありますが、ワンショルダーの場合はぐるっと回すだけで荷物がとれます。

伊勢うどん 伊勢神宮 三重

 街歩きでもOKの大きさ 

写真は伊勢神宮前で食べた伊勢うどん。(^-^) 大きさにもよりますが箱型ショルダーバッグと較べると、身体にフィットするバッグスタイルなので足元に置いても邪魔にならない形状。混雑した電車などもお腹側に回して持てばOKですね。

~参考写真こぼれ話~
夫婦岩 二見興玉神社 三重

おでかけむすめ 48

雨の日でも身体と一体的に背負うことができるリュックタイプは街歩きだけでなく海岸や断崖、山頂などのロケーションでも撮影や紛失物に対しての不安感も少ないバッグです。

 

リュック型のデメリット&合わない場所

南禅寺

 「背負ったまま」が不適切 

神社仏閣などの場所ではショルダータイプはそのままでも、「リュックを背負ったまま」のスタイルは気を遣い手に抱えることもあるかもしれません。ロープウェーなど狭くて混雑する場所にも気を遣った方がいいかも。

大山 登山 鳥取

 登山リュックには× 

カメラリュックの場合、大きな物は収納の機能上カメの甲羅のよう厚みがあります。ハイキングならともかく、雨具や飲料水などが必携の登山では疲労しやすいので登山リュックとしての完全な兼用はおすすめできません。

~参考写真こぼれ話~
大山 登山 鳥取

おでかけくん 48

完全に両手がフリーになるリュックサックタイプは1~2時間程度の登山や湿原・森林散策などのアウトドアとの相性が抜群。ただし、ワンショルダーではないリュックの場合はその都度背中から降ろさないと中身が出せない。体力配分が必要な環境には慎重に選ぼう。

 

こんな場面に活用したい

吉備津神社 本殿 岡山

 マイカー系観光地 

マイカーの人で駐車場から降りて見学するだけの場所ではフィルターやバッテリーを入れたワンショルダーで身軽に一周すると最大限のおでかけと撮影が楽しめます。

サイクリング クロスバイク リュック

 二輪移動の相性良し 

リュックタイプは前傾するサイクリングや短・中距離のバイクツーリングと相性抜群。日帰り地域なら毎週カメラを背負っておでかけする素敵な趣味が始まります。

~参考写真こぼれ話~
尾瀬ヶ原 鳩待峠 ハイキング

おでかけむすめ 48

カメラリュックを登山やキャンプで持って行くのは厳しいけれど、登山リュックやキャンプのリュックにカメラ機材を忍ばせて行くのは全然アリ!そういう意味では大きいモノはそれほど活躍の場は少ないかも。ちゃんと使うイメージを膨らませて用意しよう。

 
広告


 
次のページへ
 

カメラ用品ガイドのカテゴリー

カメラのおでかけ用品ガイド


 
都道府県都道府県別おでかけ扉
風景散策風景別おでかけ扉
趣味ガイド趣味散策
全観光地全観光地
 
 カメラ用品ガイド
カメラ 写真 撮影 男性
 カメラとおでかけ用品
 趣味用品ガイド
趣味散策
 TOP&カテゴリー
観光地おでかけなび ~小さな個人旅行と趣味歩き~
 趣味用品検索
 広告