5章2項 ショルダーバッグ型カメラバッグ

万能タイプのカメラバッグの長所&短所

カメラバッグ ショルダーバッグ 一眼レフ アマゾン

 おおまか解説 

おでかけくん 48カメラバッグの中でも容量もあり、一般的なタイプのショルダーバッグタイプ。解説バッグはAmazonベーシックショルダーバッグのLサイズ。

筑波山 登山 山頂 茨城

 解説前の一枚 

おでかけむすめ 48茨城県の筑波山はケーブルカーで登れる百名山だけど山頂はご覧の通り。肩掛けが万能型でも場所に合わせてリュックタイプにしよう。

広告


 

街歩き・旅行に最適なショルダーバッグ型

カメラバッグ ショルダーバッグ 一眼レフ アマゾン

 ひとつあると便利なタイプ 

ショルダーバッグ。肩掛けタイプのカメラバッグは容積も大きな万能タイプ。メッセンジャーバッグと違い、底が平らな箱型長方形がカメラバッグの特徴。

マイクロSDカード ケース

 カメラ散歩の持ち物例 

カメラ散策の持ち物をリストアップ。・カメラ・レンズ・フード・フィルター・レンズペン・バッテリー・SDカードケース・スマホ・モバイルバッテリー・三脚…etc

~参考写真こぼれ話~
善光寺 参詣道 長野

おでかけくん 48

長野県の善光寺前の参詣道の一枚。ショルダーバッグ型カメラバッグは森や山や洞窟ではない普通の観光地歩きに最適。できれば「黒」ではないカラーリングのカメラバッグを探してみましょう。

 
収納候補 ショルダーバッグ
収納候補 カメラ+リュック
 

ショルダーバッグ型のメリット

ショルダーバッグ カメラバッグ 一眼レフ アマゾン

 箱型カメラバッグ 

内部がフレキシブルなパーテーションで区切られ、自由に空間を保持・構築することができる王道のカメラバッグ。カメラを守る本来の機能面においては無難かつ最強形態のスタイル。

ショルダーバッグ カメラバッグ 一眼レフ アマゾン

 容量が大きい形状 

底面がある箱型バッグは肩にかけて背負った時に角ばってはいるものの、収納容量が大きく、予備のバッテリーやスマホ、フィルターやブロアーなど多くの機材を入れることができる。

~参考写真こぼれ話~
カメラマン 女性 一眼レフ

おでかけむすめ 48

平地+観光地でのカメラ散策の相性が良い箱型ショルダー。アマゾンバッグのように黒色でないショルダーバッグであれば、『撮影者』臭さを薄めることができ、駅ビルやショッピングセンターに持ち歩いても違和感なく過ごすことができるカメラバッグになる。

 

肩掛けタイプのデメリット&合わない場所

ショルダーバッグ カメラバッグ 一眼レフ アマゾン

 「長方形」で重くなりがち 

容量が大きいと物を詰め込んでしまいがち。リュック系とは違い、身体から離れているので重さも感じやすく、肩に食い込む重いバッグになりやすい。疲労を感じやすいので基本、平地散策のみに持ち出そう。

ショルダーバッグ カメラバッグ 一眼レフ アマゾン

 報道陣っぽく見える弊害 

黒い箱型ショルダーバッグはジャーナリストっぽく見えてしまうけれど、寺社や土地の管理者からは参拝でも観光でもない取材のための侵入行為者(ドローン動画撮影者と同じ)として警戒・注目されやすい。

~参考写真こぼれ話~
カメラマン 男性 一眼レフ

おでかけくん 48

写真は普通に観光客でいた方が撮りやすいので秘境・登山系バッグではないショルダーバッグ型は特に二十代~四十代の男性はマスコミ・プレスっぽくない物を選ぶことをおすすめ。

 

こんな場面に活用したい

岡山城 岡山

 難易度低めの観光地 

ショルダーバッグ型は海岸やお城、湖や公園など、撮影地=駐車場のような平坦な地域へのおでかけに適しています。観光地のパンフレットも入るバッグですが反面、荷物は少な目に削らないと重量化しやすい。

登山 トレッキング

 向いていない場所 

モノ(デザイン)によってはあからさまにカメラバッグなので、「高価なカメラが入っていそう」に見えるものは海外では要注意。その他、トレッキングや歩行距離が長いおでかけも疲労しやすいバッグなので注意。

~参考写真こぼれ話~
一脚 自由雲台

おでかけむすめ 48

リュックタイプのカメラバッグと較べて重さがダイレクトに肩にかかるので三脚のない手持ち撮影を意識した方が良さそう。どうしても必要なら一脚+自由雲台の軽量装備を組み合わせよう。

 
一脚候補 スタンドポッド
一脚候補 ライティポッド
一脚候補 モノポッド
 
広告


 
次のページへ
 

カメラ用品ガイドのカテゴリー

カメラのおでかけ用品ガイド


 
都道府県都道府県別おでかけ扉
風景散策風景別おでかけ扉
趣味ガイド趣味散策
全観光地全観光地
 
 カメラ用品ガイド
カメラ 写真 撮影 男性
 カメラとおでかけ用品
 趣味用品ガイド
趣味散策
 TOP&カテゴリー
観光地おでかけなび ~小さな個人旅行と趣味歩き~
 趣味用品検索
 広告