2章4項 高透過サーキュラーPLの効果の違い

[経験者向け]暗くなりにくいサーキュラーPL

Zeta EX サーキュラーPL ケンコー

 おおまか解説 

おでかけくん 48ケンコーのZeta EXおよびZeta Quint、マルミのEXUS。フィルター径で価格は大きく異なりますが、これらのシリーズのサーキュラーPLは下位シリーズとは一線を画すサーキュラーPLです。

宗谷岬 北海道

 解説前の一枚 

おでかけむすめ 48日本人の中で一生見ることがない人の方が多い場所。日本最北端の宗谷岬へバイクで行ってみた時の一枚。無料キャンプ場がたくさんあり…いえ、サーキュラーPL、いいですよ~。

広告


 

高透過=Zeta EXとEXUSの二択

EXUS サーキュラーPL マルミ

 ZetaEXとEXUSは高透過型 

サーキュラーPLは大気中の乱反射や木の葉の照り返しを除去することで空の青さや紅葉のコントラストが上がるフィルター。そのサーキュラーPLの高級シリーズには高透過の偏光膜が使われています。

液晶モニター 偏光膜

 技術革新の生成物 

偏光膜自体は液晶モニターの画面にも使われていて、PLフィルターを画面の前にかざして角度を変えると画面だけ光を遮断して黒く見えます。写真のモニターは肉眼では白い画面が点いている状態をC-PLで撮りました。

~参考写真こぼれ話~
サーキュラーPL フィルター 一眼レフ

おでかけくん 48

ケンコーのZetaQuintは高透過偏光膜採用モデルですが価格が高すぎるので検討除外。高透過のサーキュラーPLはレンズを通して入ってくる光の量が落ちにくくなっています。減光の度合いが旧世代の偏光膜よりかなり低く、シャッター速度が落ちにくいのでブレ写真が減る恩恵は大きなメリットです。

~続・参考写真こぼれ話~
Zeta プロテクター フィルター 一眼レフ

おでかけむすめ 48

そのほか、ケンコーのPRO1Dの上のシリーズにZetaシリーズがありますが、ノーマルゼータ(ZRコート)は「ファインダーを覗いた見た目は(旧世代より)明るいけれど、シャッター速度は遅い(=高透過タイプではない従来品)」商品。そのため価格的に手が出るのはZetaEXとマルミのEXUSの二枚なんです。

 

高透過サーキュラーPLを使う意味

サーキュラーPL EXUS マルミ

 失敗枚数が少なくなる 

減光具合を実際に実験してみました。フィルターを付けない裸のレンズで1/60のシャッター速度は従来のサーキュラーPLでは1/20の遅さになり、高透過のZetaEXやEXUSをかざすと1/30で済みました。

湯ノ湖 橋 栃木

 いわゆる「明るい」モノ 

昼間しか使わないサーキュラーPLとはいえ、黒い岩肌や日陰などでは手持ち撮影でシャープに写すのに明るいレンズ(フィルター)が欲しい時は多々あるものです。望遠にしたらシャッター速度はもっと落ちますよね。

~参考写真こぼれ話~
サーキュラーPL レンズ 一眼レフ

おでかけむすめ 48

カメラ写真にこだわらない初心者さんには「高い」グレードなのですが、ある程度写真が好きになり経験をしてきた人にとって「シャッター速度の低下幅が少ない」という要素はこだわりポイントですよね。三脚を使う人にはあまり関係がありませんが、手持ちで風景写真を撮るのが好きな人は高透過C-PLがおすすめ。

 

高透過型の本命 EXUSサーキュラーP.L.D

EXUS サーキュラーPL マルミ
  EXUS サーキュラーPL 

高透過タイプのサーキュラーPLの本命フィルター。高い防汚性を誇るコーティングと帯電防止処理を施されたマルミのEXUSのサーキュラーPL版。ケンコーよりお財布にやさしく高品質な一品。

~参考写真こぼれ話~
EXUS サーキュラーPL マルミ

おでかけくん 48

APS-C機D7200+NIKKOR10-24mm広角レンズを付けた状態でケラレません。価格と性能的にベストな高透過サーキュラーPL。☆52mm…7千円台後半 | ☆58mm…8千円台前半 | ☆77mm…1万3千円台前半。

 

超スリムタイプ Zeta EX サーキュラーPL

Zeta EX サーキュラーPL ケンコー
  Zeta EX サーキュラーPL 

ケンコーの超薄型高透過サーキュラーPL。普通にクルクルとネジ込んで装着するのですが、イメージ的に「何かのキャップをパコっとはめこむ」ような形の超薄型フィルター。汚れは落としやすい。

~参考写真こぼれ話~
Zeta EX サーキュラーPL ケンコー

おでかけくん 48

回転機構があるサーキュラーPLで一番薄い枠のフィルター。ただし、EXUSでも超広角レンズでケラレないので、あまり神経質に最薄にこだわらなくても良さそう。帯電防止性能はありません。☆52mm…7千円前後 | ☆58mm…8千円台後半 | ☆77mm…1万3千円台前半。

 

失敗ブレ写真が激減する明るいフィルター

おでかけむすめ 48

価格的にZetaEXとEXUSが現実的な選択肢です。スリムなZetaEXはガラス厚も薄いため、落下や無理な力が加わらないように取扱いに注意。場合によってはC-PLの外側にプロテクトフィルターを二枚重ねして散策しても良さそうです。太陽光で劣化するのでキャップは付けるようにしてね。

広告


 
次のページへ
 

カメラ用品ガイドのカテゴリー

カメラのおでかけ用品ガイド


 
都道府県都道府県別おでかけ扉
風景散策風景別おでかけ扉
趣味ガイド趣味散策
全観光地全観光地
 
 カメラ用品ガイド
カメラ 写真 撮影 男性
 カメラとおでかけ用品
 趣味用品ガイド
趣味散策
 TOP&カテゴリー
観光地おでかけなび ~小さな個人旅行と趣味歩き~
 趣味用品検索
 広告