1章3項 プロテクトフィルターの比較・違い・選び方

[初心者向け]プロテクトフィルターの違いと比較

レンズ プロテクトフィルター カメラ 一眼レフ

 おおまか解説 

おでかけくん 48初期費用が多くかかるカメラ初心者は通常、最高級品にせずに普通に使える普通のグレード品がおすすめ。予算に余裕ができたor経験者は上級グレードのレンズプロテクトを検討しましょう。

箱根 恩賜箱根公園 芦ノ湖 神奈川

 解説前の一枚 

おでかけむすめ 48箱根の芦ノ湖側はぎりぎり神奈川県。恩賜箱根公園から芦ノ湖を見下ろすことができました。こういう場所は三脚など重い荷物を作らないように荷造りすべき。プロテクトフィルターは付けっぱです。

広告


 

高価な物=汚れにくい

カメラ イラスト

 全然違う防汚力 

プロテクトフィルター=プロテクター。主な目的は「傷から守る」と「汚れないように守る」です。『高価な物はそれらの要素が間違いなく良い物』になります。最安値の物よりちょっぴり高価になる上位品の「コーティング」は伊達じゃない。

レンズ フィルター 汚れ 指紋 脂

 違い=汚れが付きにくい 

汚れが付きにくいフィルターというのは「汚れを拭き取りやすい」=「汚れが付きにくい」フィルター。ちゃんと拭けばいいだけ…と上級フィルターの選択肢を消去しそうになるのですが、手脂などは念入りに拭き上げてやっと綺麗になるかどうか。

~参考写真こぼれ話~
スーパーDHG レンズプロテクト マルミ

おでかけくん 48

格安の中華製フィルターはそもそも検討外扱い。そもそもレンズにねじ込むことができない精度の物がある話から始まってしまいます。ケンコー・マルミであれば低価格グレードでも丁寧な作りと検品をしているので「汚れにくさ」がポイントになるわけです。

 

プロテクトフィルターの選び方のポイント

レンズ フィルター 汚れ

 何が違う?どう違う? 

このサイトではプロテクトフィルターは『汚れ方』に注目して「良い物」か「普通の物」を考えてみます。「汚れ方=拭き取りやすさ」でもあるので、拭いた時の感触や汚れの落ち方を観察してみました。

レンズペン フィルター 汚れ 指紋 脂

 フィルター拭き用品 

フィルターはクロス(布)で拭いて綺麗にすることもできますが、布を触っている時点で布自体が手の脂で汚れていきます。のちほど使い方を解説しますが『レンズペン』で汚れの落としやすさを解説していきます。

~参考写真こぼれ話~
レンズペン ハクバ

おでかけむすめ 48

レンズやフィルターの掃除に使っているのはハクバのレンズペン。ちょっぴりお高いアイテムなのだけど、布で拭いていた時より全然楽になります。数秒軽くクルクルするだけで拭き跡も残らないレンズペンはおでかけ現場でも大活躍。

 

PRO1Dプロテクターの場合

ケンコー PRO1D プロテクター
  PRO1Dプロテクター 

ケンコーのPRO1DはマルミのDHGよりレンズペンのすべりが良く、実用としてはマトモな印象。指紋は普通にべったり付きました。脂は乗っかる感じではないので、レンズペンで拭いてみると脂がのびて広がりながら何度目かの往復で薄まりながら拭き取れる感じです。

~参考写真こぼれ話~
ケンコー PRO1D プロテクター

おでかけくん 48

スタンダード(標準的)なプロテクトフィルターのPRO1Dプロテクターがひとまずの「基準」です。☆52mm…2千円台前半 | ☆58mm…2千円台中半 | ☆77mm…4千円前後。

 

DHGレンズプロテクトの場合

DHG レンズプロテクト マルミ
  DHGレンズプロテクト 

透明&平面なガラスはマルミなので問題なし。「レンズへの直接の傷からの保護」のための基本的な機能はあるものの、レンズペンで拭く際はかなり抵抗があります。ぬるぬるすべすべの方が汚れは付きにくく落ちやすいので、ご参考に。指紋もべったり付きます。

~参考写真こぼれ話~
DHG レンズプロテクト マルミ

おでかけむすめ 48

PRO1Dより安いマルミのDHGレンズプロテクト。マルミはこのフィルターより上位に「DHGスーパーレンズプロテクト」があるのでお間違えないように。☆52mm…千円台前半 | ☆58mm…千円台後半 | ☆77mm…3千円前後。

 

DHGスーパーレンズプロテクトの場合

DHG スーパーレンズプロテクト マルミ
  DHGスーパーレンズプロテクト 

スーパーなDHGはレンズペンの滑りの抵抗がPRO1Dよりさらに軽く、本当に力を入れずに触れたままクルクル拭き取れば汚れが消えます。指紋の付き方は脂が「乗っかっている」感じ。ノーマルDHGやPRO1Dの「べったり」とは明らかに違いました。

~参考写真こぼれ話~
DHG スーパーレンズプロテクト マルミ

おでかけくん 48

マルミの「スーパーの方」のレンズプロテクター。なかなか優秀で価格もそこそこリーズナブルなので私的にはレンズの買い増しなどをした時はこちらがおすすめ。☆52mm…千円台後半 | ☆58mm…2千円台中半 | ☆77mm…4千円前後。

 

初心者向けのプロテクトフィルター

おでかけむすめ 48

初級・初心者向けの解説としては「無難」な一品として『PRO1D プロテクター』、「ちょっと良い物」として『DHGスーパーレンズプロテクト』を挙げておきたいと思います。ZetaプロテクターやEXUSレンズプロテクトは別のページでご紹介。

広告


 
次のページへ
 

カメラ用品ガイドのカテゴリー

カメラのおでかけ用品ガイド


 
都道府県都道府県別おでかけ扉
風景散策風景別おでかけ扉
趣味ガイド趣味散策
全観光地全観光地
 
 カメラ用品ガイド
カメラ 写真 撮影 男性
 カメラとおでかけ用品
 趣味用品ガイド
趣味散策
 TOP&カテゴリー
観光地おでかけなび ~小さな個人旅行と趣味歩き~
 趣味用品検索
 広告